IdeaPad U350レビュー[ベンチマーク編]

Posted by yuji at 2009-10-25 | | Track Back [0]

IdeaPad U350をちょっと使っているのですが、U350はいわゆるネットブックと違って画面サイズが大きくなって、マシンスペックの向上が特長です。
IdeaPad U350

サイズは一目瞭然ですが、マシンスペックはチェックしないとわからない、、、ということで、ベンチマークテストをしてみました。

ベンチマーク結果

IdeaPad U350 ベンチマーク

これだけでは、U350の結果がわからないので、以前にベンチマークチェックした、IdeaPad S10eとEeePC S101の結果を並べてみました。

ベンチマーク比較

項目IdeaPad U350IdeaPad S10eEeePC S101
Mark(総合)520092795133626
ALU(整数演算)1378453665917
FPU(不動小数点演算)1311145464708
MEM(メモリー速度)1009444374523
HDD(HDD速度)8091774412983
GDI(グラフィックス)461911272311
D2D(DirectDraw)106940482500
OGL(OpenGL)1241665684

この違いは・・・って実はIdeaPad U350はCPUにCore 2 DUOを搭載し、メモリも4GB搭載している、そこそこのハイスペックマシンなんですよね。。。

それだけに、ベンチマークの結果がこれだけ違っているのは当然だと思います。

※各結果の元になっている数字は「IdeaPad S10e CrystalMark 2004R3を使ったベンチマークテスト」と「EeePC S101レビュー[ベンチマーク編]」からピックアップしてます。
D2D(DirectDraw)の結果だけがちょっと悪いのは、GDIのほうにパワーを振っているからだと思われます(D2DもGDIもグラフィックにかかわる数値です)。

ベンチマークの結果だけがパソコンの評価とはいえませんが、U350はネットブックよりもマシンスペックのあるパソコンだということは間違いありません。


IdeaPadはレノボのサイトで

この記事に関連したエントリ
Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved