ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD インストール

Posted by yuji at 2009-03-30 | | Track Back [0]

会社で、Web制作ならこれ1本でほぼ管理できる(※)と言われている、ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD を購入したので、早速インストールしたので、レポートしてみます。
ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD

※管理できるとはいっても、使いこなせるようになるには結構勉強しないと使えないんですけどね・・・

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARDのパッケージ

パッケージはシンプルなデザインで、中にはDVDケースと簡単な説明書が入っています。箱の割に中身が少ないのは勿体ない感じがしますけど、購入したのがアップグレードなので、もしかするとパッケージはもう少し分厚い説明書があるのかもしれません(未確認ですが)。
ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD

インストールメディアはAdobe系ではもう普通になりつつあるDVDです。もうDVDでもほとんど問題にならないと思いますが、ドライブは使わないから適当なのを使っているとインストール出来ないので、ちょっとだけ注意が必要ですね。
ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD

ちなみに、データ容量を確認したら、2.26GBありました・・・
(以前はCDでもOKだったのに何がそんなに増えたんだろう??)
cs-web-5.gif

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARDのインストール

そんなこんなでDVDをドライブに入れてインストールを開始します。

<注意>
インストール中に、Adobe系のソフトはもちろんInternet Explorerが起動しているとエラーになってしまうので、必ず閉じておくようにしましょう。Adobe Bridge CS3は起動していても、タスクバーには表示されていないので、明示的に閉じる必要があります。

1、DVDをドライブに入れ、インストール画面を表示
Adobe Creative Suite 4 Web Standardのインストールをクリックします。 インストール画面を表示

システムのプロファイルを確認します。
システムのプロファイルを確認します


2、シリアル番号入力


シリアル番号を入力して「次へ」クリックします。
入力内容が正しければ、右に緑のチェックが表示されます。
シリアル番号入力

3、アップグレードチェック(場合によって)


アップグレードの場合は、以前使っている製品を選択し、シリアル番号を入力します。
これ忘れているとかなり熱いです。
アップグレードチェック

4、アドビライセンス認証


アドビのソフトウェア使用許諾書が提示されるので、確認して問題がなければ(普通そんなに見ないけど)「同意する」をクリックします。
アドビライセンス認証

5、オプションの設定


ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARDのインストールには、簡易インストール(推奨)と、カスタムインストールがありますが、カスタムをするにはインストール内容が多すぎるので、ほんと拘りが内場合以外は、簡易インストール(推奨)でよいと思います。
オプションの設定

ちなみに、右側にあるソフトは全部で14もありました。


6、本当のインストール開始


設定も全部終わるとここから本当のインストールが始まります。パソコンのスペックにもよりますが、さすがに内容が多いので、結構な時間が掛かることを覚悟した方がよいです。
本当のインストール開始

自分の環境(Core 2 Duo 2.66GHz,3.00GB RAM)でも30分近く掛かりましたorz


インストールが終了するとユーザー登録画面になるので、必要事項を入力してユーザー登録を行います。

これで晴れて、ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARDが使用可能になります。


この記事に関連したエントリ
Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved