PQI Card Drive U510を使ってみた

Posted by yuji at 2009-01-09 | | Track Back [0]

このPQI Card Drive U510は、昨年の11月1日に開催されたバリューコマースEXPO2008で企画された、レビューコンテストでHP DirectplusさんのEC賞の商品としていただいたものです。

そういった経緯の製品なので、本体前面には大きHP Pavilion Desktop PCシリーズで使われている「THE COMPUTER IS PERSONAL AGAIN」という文字が大きく入っています。USBメモリなどで良くある販促品になると思いますが、表面積が広いので媒体としては面白いと感じました(この記事の主旨とは違いますが)。
PQI Card Drive U510

PQI Card Drive U510って何?

こんな形をしていますが、実はPQI Card Drive U510はUSBフラッシュメモリドライブです。

厚さが約3mmと非常に薄く、サイズも54mm×85mmとほぼ名刺サイズのため、財布や手帳、名刺入れに入れて持ち歩くことが出来るのが最大の特徴です。

PCとの接続は?

PCとの接続は、背面にある薄型USB互換インターフェース、I-Stick端子を伸ばして通常のUSBポートに接続して利用します。
PQI Card Drive U510
PQI Card Drive U510

ケーブルはかなり薄いので、切れてしまわないか心配になりますが、公式ブログによると振り回しても切れないぐらい丈夫にできているらしく、普通に使っている分には切断の心配はしなくてもいいようです。

U510の使い方探求レポートブログ:質問にお答えします。

データの容量は?

今回頂戴したのはディスク容量1GBのタイプですが、この他に2GB、4GB、8GBとあるので、一般的なUSBメモリと遜色ないラインナップといえます。


なんて、長くなりましたが実際にパソコンに接続してみたり、財布や名刺入れに入れてみました。

ノートパソコンには相性がいい

手元にあった、Endeavor Na01 miniに接続するとこんな雰囲気です。
なんかパソコンの横に名刺入れを置いている程度の感じなので、非常にスマートです。
PQI Card Drive U510

デスクトップではイマイチ

次にメインで使っているEndeavor Pro4300の前面USBポートに接続するとこんな雰囲気です。
PQI Card Drive U510

カチッと嵌るのではなく、多少のゆとりがでているので非常に不安定な感じなり、ケーブルが強いことがわかっていても不安になってしまいますし、とても不格好です。
PQI Card Drive U510

やっぱりメインで、、というかオサレに見せたい場合は、ノートパソコンで使用するのが良いみたいですね。

名刺入れに入れると隙間が・・・

名刺入れは仕事用とブロガー用とあるのですが、その両方にいれたのがこちらです。
PQI Card Drive U510
PQI Card Drive U510

PQI Card Drive U510が名刺サイズより若干小さいので、左右に余白ができてしまいます。これが紙なら気にならないのですが、フラッシュメモリなので下手に衝撃を与えるのは怖いですから、何かで左右の隙間を埋めるか、名刺などをきっちりいれて動かないようにしておく必要はあります。

また、会社用は元々の高さがないので、PQI Card Drive U510を入れると名刺がほとんど入らなくなってしまうので、併用するにはもう少しサイズの大きい名刺入れが必要になります。

財布に入れるには無理があった

財布のカード入れに入れてみたところ、一応入ることは入りますが、流石に他のカード類と比較すると厚みがあるので、イマイチすっきり入りませんでした。
PQI Card Drive U510
PQI Card Drive U510

自分の財布が長財布だからということもありますが、ちょっと無理ですね。。。もちろん、形状や大きさが違う財布ではすっきり入ることもあると思いますが、財布に入れない方が良いと感じました(笑)


フラッシュメモリに本当に必要な部分はもっと小さくても大丈夫なので、カード型になっているのは紛失の対策だったり、遊びだったりすると思うのですが、こういった遊び心のある製品は持ってて楽しいので好きですね。
日本のUSBメモリでも、遊んでいる物はありますがネタ的なものが多くて実用には向かない物がほとんどなので、もう少しセンス良く遊んでくれないかな~と思ったり思わなかったり。

PQI Card Drive U510はかなり気に入ったので、しばらくはこれをフラッシュメモリのメインとして使いたいと思います。

この記事に関連したエントリ
Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved