EeePC S101レビュー[ベンチマーク編]

Posted by yuji at 2009-01-28 | | Track Back [0]

パソコンのスペックを評価するにはベンチマークを使う方法があります。
ベンチマークというとちょっと難しそうな感じがしますが、CrystalMark09というフリーソフトを使うと簡単に確認することができます。

EeePC S101専用ケース
※写真はオリジナルケースですが意味は特にありません(笑

EeePC S101はメモリの換装を行ったので、その前後でベンチマークの数値をみてみます。

EeePC S101ベンチマーク結果

項目メモリ換装前メモリ換装後
Mark(総合)3292533626
ALU(整数演算)54155917
FPU(不動小数点演算)46814708
MEM(メモリー速度)45144523
HDD(HDD速度)1282712983
GDI(グラフィックス)22982311
D2D(DirectDraw)25002500
OGL(OpenGL)690684
ベンチマークを3回行った平均です。

ALU(整数演算)が約10%向上した以外はそれ程大きな差がありませんから、メモリが関連するのはこの演算のところだと推測されます(下がっている所もありますが多分誤差だと思います)。


UMPCベンチマーク比較

以前に、IdeaPad S10eとEndeavor miniも同じソフトでベンチマークを行っているので、その比較をしてみます。

項目Na01 miniIdeaPadEeePC S101
Mark(総合)278212782033626
ALU(整数演算)579454025917
FPU(不動小数点演算)478146414708
MEM(メモリー速度)434544514523
HDD(HDD速度)7041745912983
GDI(グラフィックス)225711232311
D2D(DirectDraw)292640732500
OGL(OpenGL)677665684


HDD(HDD速度)の評価が桁違いに高くなっているのは、EeePC S101はストレージにSSDを搭載しているからですね。。。やっぱりSSDはHDDに比べて速度が速いことがわかります。

その他だとGDI(グラフィックス)はNa01と同等レベルですが、D2D(DirectDraw)が2機種より低くなっています。DirectDrawはグラフィック中心の役割を担っているので、EeePC S101はグラフィック系の表示が弱いと言えます。


UMPCでグラフィック系の作業をメインでやることはないので、そんなに気にならないかも、、、と思っているのですが、フォトショップを入れて写真の加工を考えている所なのでちょっと気になる所ではあります。

この記事に関連したエントリ
Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved