ThinkPad X200を使ってみた感想

Posted by yuji at 2008-11-06 | | Track Back [0]

モニターで借りていた期間中にも記事を書いていますが、個別の機能に限定して書いていた感じだったので、最後にトータルでの評価をしてみようと思います。
P1080371.JPG

今回モニターでお借りしたThinkPad X200のスペックは以下の通り

プロセッサインテル Core 2 Duo プロセッサー P8400
クロック数2.26GHz 1066MHz 3MBL2
メモリ1.0GB
HDD80GB
OSWindows Vista Business
ディスプレイ12.1型液晶(WXGA)

ちなみに、ThinkPad X200については、旧サイトで何度か書いているので、読んでいただけると嬉しいです(旧サイトになっているのは移転期間中の混乱ということでご了承ください)

旧ジャンクワードの森:ThinkPadはやっぱりThinkPadだった
旧ジャンクワードの森:ThinkPad X200がやってきた
旧ジャンクワードの森:ThinkPad X200とレッツノートW2比較
旧ジャンクワードの森:ThinkPad X200の「Ctrlキー」の位置
旧ジャンクワードの森:ThinkPadの重さをチェック

パソコンの評価としては、動作が速いとか遅いとかをするのがいいのかもしれませんが、それはパソコンメーカーではどうしようもない部分も多いので、今回はThinkPad X200ならではの部分を中心に書いていこうと思います。

やっぱり本体が軽いのは良い

ThinkPad X200の重さは「ThinkPadの重さをチェック」でチェックしたとおり、本体が約1.4kg、ACアダプター込みでも約1.7kgとフルスペックのノートパソコンの中でも軽い部類に入ります。
P1080333.JPG

この軽さは単体で持ち歩くときはわからないのですが、ThinkPad X200を返却してからはまたFMV-BIBLO MG50Wを持って歩いているのですが、0.5kgの差しかないにも関わらず無茶苦茶重く感じます。

一度軽いパソコンを持ってしまうと戻れない気持ちが良くわかります。


シンプルなデザインが良い

デザインメンだとモニタを閉じたときに無駄な装飾が無く、ほんとシンプルにフラットになってくれるので、とてもすっきりした印象があります。また、フラットなので鞄への出し入れもスムーズに行えます。
P1080249.JPG

色も、マットブラックと赤のアクセントの組み合わせはかなり気に入っています。

トラックポイントは五分五分

キーボード中央にあるトラックポイントはThinkPadのアイデンティティのひとつで、欠かすことのできないものですが、この評価は残念ながら良い面も悪い面もあるという結果になりました。
P1080278.JPG

「良い点」
タッチパッドと違って、誤作動がまったくないので的確な操作ができていましたし、慣れてくるとキーボード入力と平行で上手く操作できるのは良いです。

「悪い点」
トラックポイントはあくまでも、マウスカーソルの操作のみのため、タッチパッドにある「連続押しでクリック」のような付加機能がなく、クリックしたいときはトラックポイントから手を話さなくてはいけません。

些細なところですが、タッチパッドでの操作に慣れてしまった身としては若干ストレスを感じながら操作していました。

「Ctrlキー」の位置は良くない

これは、ThinkPad X200の「Ctrlキー」の位置でも書きましたが、やっぱりキーボードの一番左にいてくれないとどうしても使いにくく感じてしまいます。
P1080273.JPG

キー自体を入れ替えるのは不可能でしょうから、「Ctrl」と「Fn」を入れ替えられるようなソフトウェアがあると嬉しかったりします。


LANケーブルの取り付け位置は良くない

ThinPad X200のLANケーブルの取り付け位置は写真でもわかるようにキーボードの左側で、かなり前面にあります。ここにあると、LANケーブルをつけたまま作業すると手が当たってしまうし、机の上のケーブルの取り回しも綺麗にいかなくなりってしまいます。
P1080308.JPG

ThinkPad X200はモバイル機なので、常態的にLANケーブルをつける必要は無いかもしれませんが、背面につけるか側面でも奥のほうに付けてくれるような配慮が欲しいところです。


まあ、言いたい放題書いてしまいましたが、それでも持っていて楽しいパソコンであることには変わりなく、物欲を煽られました(笑)

前にも書いているので同じになっていまいますが、紆余曲折ありつつも「ThinkPadはやっぱりThinkPadだった」というのが一番の感想です。自分がこれから所有するかはわかりませんが、今の開発姿勢のまま進んで行ってもらいたいなと思います。


この記事に関連したエントリ
Copyright (C) 2004-2008 Junk Word All Rights Reserved